MENU

アマゾンでも成りすましの迷惑メールが来た

少し前に、ネットニュースで見ていたので大丈夫だったのですが
私の所にも先日、アマゾン風のメールが届きました。

 

 


まず、注目するのはホームページアドレスです。
パッと見、アマゾンの公式サイトとも思えるようなアドレスなので
うっかり信じてしまった人も多いと思われます。
※普通、このような場合は、短縮URLや
よく見るとまたく違うドメインだったりします。

 

しかし、今回のように
amazon-co-jp.pw
と、ドメインの仕組みを知らない人は信じてしまうのはしょうがないと言えます。

本物のドメインはamazon-co-jpです。
そしてこの場合は、PWというものがついています。
このPWが付いているものは要注意です
※今回はPWですが、今後は違う場合もあります

その後、amazon-co-jpではなく
amozon-co-jpというドメインも出現したらしい。
よく見ればわかるのですが、ゾンになっています。

 

 

さらに今回、非常に問題なのは
リンク先のホームページの見た目がアマゾンそのものだったようです。


※画像だけ見れば、本物と違いがありません。
※見た目だけで判断すると被害にあってしまいます。

 

普段、ネット情報に強い人でも、少しボーっとしている時だと
このケースに騙されてしまう可能性があります。
となると、あまりネット情報に強くないような一般の人は
簡単に騙されてしまうということです。

 

問題になったのは2016年の春ごろらしいのですが、
私の所にメールが来たのは、2016年の夏ごろです。

 

 

今後も同様の手口があると思われます。
このように悪質な手口は年々、巧妙になってきています。

 

少しでも怪しいと思ったら普段から

ネットで検索をする習慣を身につけましょう!

こういったケースは、他でも同様の被害にあった人がいる可能性が高いです。
特に2ちゃんねるなどの掲示板などは情報が早いので
まとめサイトなどをチェックするのもひとつの方法です。

 

検索するときの豆知識

知っている人は知っているけど知らない人もいる

 

もしも、ネット検索で最新の情報が欲しいときは
検索ツール→期間設定
をする
24時間でも1週間でも、新しい情報が検索結果に反映されるので
なかなか見つからない人は参考にしてみてください。
その他では、ツイッターでも検索すると早い情報を取得することが出来ます。

 

 

まとめ

●本物のサイトに見えてもすぐに個人情報を入力しない
●メールなどで個人情報の入力を求められるケースは必ず警戒する
●同じようなケースが他でも起きている可能性があるからネットで検索する

 

 

 

 

 

 

作成日 2012/10/17
更新日 2016/08/12

迷惑メールの被害が今でもある

迷惑メールは大量に届くだけでも嫌ですよね?
さらに、その中に架空請求や振り込め詐欺のメールなどがあるとやっかいです。

 

ソフトバンクなどは、迷惑メールフィルタを「強」にするとこで、一応迷惑メールは来なくなります。

 

ちなみに、ドコモの場合は、ドメインの一部一致拒否をすることで大方の迷惑メールが来なくなります。
mixi
gree
mbga
biz
movi
mobi
このようなドメインを一部一致で拒否設定するとこなくなるようです。
他にも、似たようなドメインの一部を使っている場合がほとんどなので、こまめに設定するほうがいいでしょう。
※ミクシーなどからのメールも来なくなるので、受信したいサイトからのアドレスは受信可能設定にしましょう!

 

しかし、そこまでやってもたまに来たりしますし、内容が法的な処置などと書かれていると詐欺だと分かってても不安になってしまいます。

 

 

手口としては古い手法で、今では一般に知れ渡っていると思いきや、今でも架空請求の被害があります。
人によっては始めて聞くような内容だったり知らない内容だったり、
まったく見に覚えがなくても、少しでも心当たりがあると不安になります。

 

悪徳業者はそこの心理状態をついてくるのがうまいです。
関心できるものではありません。
その能力を他の方向に向ければ健全に生きていけると思うんですけどね。

 

とにかく、出会い系に限らず、怪しい請求があっても絶対にそこに書かれている連絡先に連絡をしてはいけません。

 

まずは、冷静にネットで調べるなり専門家に相談するなりしてください。
当サイトの他のページでも参考になりそうなページがあると思うのでよかったらみてくださいね!

 

★よく読まれている記事★

信用が出来る出会いアプリとは?