新しい詐欺サイトの手口|電話番号検索

MENU

電話番号検索の詐欺サイト

数年前から、知らない電話番号からの着信が増えました。
その時の対応策としては、当サイトでも解説しているように、
まずは、その番号を検索することが第一歩となります。

 

すると、ほとんどのケースでは、同じように電話が掛かってきている人が全国にたくさんいるので
その口コミを見れば、一発で判断することが出来ます。

 

数か月以内に同じ番号から迷惑電話があった報告がされていると思います。
ちなみに、ほとんどが、融資や金融の金貸しの営業電話です。

 

しかし、最近気になる情報を入手しました。

 

怪しい電話番号で検索すると、それにいての危険性を促しているのですが、
最終的に、ある会社の番号を載せているのです。

 

その会社は検索をしても出てこないし、番号検索をしても
その会社が出てきません。

 

その時点でもう怪しいと思った方が良いです。

 

そのような形式のサイトが複数あります。

 

そのサイトの流れとしては、不審に思った人が番号で検索して、ページにたどり着く
そこで架空請求や詐欺の手口を紹介して
信用させる。

 

そして、最後にある電話番号が紹介されて、心当たりがある人は
ココに相談してください
と書いてあります。

本来であれば、法律の専門家である弁護サイトや
独立行政法人・国民生活センターのページなどを紹介するのですが、
検索しても出てこないような怪しい会社を紹介しているのです。
※ちなみに、紹介の文章では
「たくさんの実績を持っている有名な企業」として紹介しています。

 

その企業が検索しても出てこないのは、おかしいですよね。

 

 

だからほとんどの人は、記事を見ても問題はないと思いますが、
中には心当たりがあり、心配してしまうタイプの人もいます。

 

そういった人は、他の詐欺被害にも合いやすいタイプでもあるので、
そのようなタイプの人間を狙っていると思われます。

 

使用してはいけないタイプのサイトの特徴

多くの迷惑電話口コミサイトは、何年も前から運営しており
ただ、口コミだけを見れば済むようになっています。

 

しかし、怪しいサイトはわざわざ、ページを作ってその電話番号が危ない!
と警告しているのです。
※ほとんど毎日、ページ更新しています。

 

その結果、Googleの検索結果にも上位表示されてしまい、多くに人が見るようになってしまっています。

 

怪しいサイトの特徴として

  • ・2017年2月ごろからサイトが更新されている
  • ・記事の最後に電話または、メールで相談を促している
  • ・無料のブログなどで運営している(gooブログやfc2ブログなど)

これに当てはまるサイトの場合は、信用しないほうがいいでしょう。

 

現時点でも複数の同じ仕組みのサイトが報告されています。

 

 

 

★よく読まれている記事★

信用が出来る出会いアプリとは?