出会い系だけじゃない偽DMMの料金請求

MENU

アダルト系や出会い系などを利用する男性心理として
あまり他人に知られたくない、アダルトなウェブサイトを少しは見たことがあるから
多少、心当たりがある、、。

 

そんな状態を狙って、偽の名前で料金を請求してい来ることがあります。

 

2017年では、DMMの名前を使って料金を請求する詐欺的なケースが問題になっています。
参考ページ:「DMMをかたる事業者」に関する注意喚起

消費者庁

・SMSを用いて有料動画サイトの未払料金などの名目で金銭を支払わせようとする
「株式会社DMM.comをかたる事業者」に関する注意喚起[PDF:447KB]


※クリックで拡大します

 

このように大手のDMMの名前を使うと、多くの人は何らかの利用履歴もあるし
関連サービスと勘違いしたりすることがあります。

 

しかし、よく見ると、料金の請求と言っても、コンビニでウエブマネー、ギフト券を買って
その番号を送信しろ!
というどう考えてもおかしな方法です。

 

でも、男性としてはそれ以上に、怖くなるような言葉を使われるのでしょう。

 

おかしいと思いながらも誰にもばれたくない、これ以上問題を大きくしたくないという心理が働き、支払ってしますのでしょう。

 

 

そもそも、DMMのような大手に代表されるように現在はほとんどが
前払いシステムになっています。
※後からの請求はほとん聞きません。

 

これは当サイトの主としている出会い系サイトでも同様です。

 

このような問題の際には、何度も書いていますが、
まずは絶対に電話をしたりメッセージの返事をしてはいけません

 

まずは、ネットで検索するように普段から意識したほうがいいです。
しかしそのように普段からネットで検索しない人がこのページを見るのかどうか?
と考えるとそのような人は、おそらくこのページを見る事はないでしょう。

 

 

嘘の情報が溢れているネットでは
何かがあった時に、まずはネットで同様のケースがないのか?
それを調べるとうのは大事な事です。

 

>>消費者被害防止に向けた注意喚起等

 

★よく読まれている記事★

信用が出来る出会いアプリとは?